商品説明

商品名

​内羽ストレートチップ

お客様からの要望

飽きのこない定番で、冠婚葬祭でも

​履ける靴とご希望。

ご提案内容

もっともフォーマルな内羽ストレートチップで、甲革はカーフを使用しました。

長く履いていただけるように、ハンドソーンウェルテッド製法にしました。

履く度に足に馴染み、どんどん履きやすくなるようにとわくわくながら製作しました。

設計・型紙作成

調整ができたラストに靴の形の線を引き、型紙を製作してゆきます。立体を平面に映す作業は皮革の伸び方向を考慮に入れ、釣り込み作業での引っ張り、伸びを考えながらまた、縫い目や繋ぎ目の位置、デザインのバランスを考えながら慎重に設計、型紙製作をしました。

裁断(革を型どおりに切る)

型紙に合わせて皮革を裁断してゆきます。

型紙の通り裁断すれば良いということではなく、みみ折やはり込みの部分をそれぞれの分量で残しながら、各パーツに最適な部位、傷のない所、伸びの方向を考えながら裁断してゆきます。今回は履き口の補強のため、ドッグテールにしました。​名前のとうりワンちゃんのシッポに見えて可愛いですね^ ^

​縫製(ミシンをかける)

裁断したパーツを専用のミシンによって縫い合わせて、立体にしていきます。

​今回はダブルステッチにしました。

​つり込み

ラスト(木型)とアッパーを専用の道具(ワニ)で木型に沿うよにつり込んでいきます。

ハンドソーンウェルテッド製法ですので先芯、カウンターなどもすべて革を使用いたします。

​つっぱりすぎずゆるすぎず、経験がモノを言う作業ですね!!

​底付け

釣り込みが完了すると、靴の底を作る工程へと進みます。今回はハンドソーンウェルテッド製法のため、すべて手作業になりますので工程でいうとまだまだありますが、大まかにいうと、すくい縫い、だし縫い、かがり縫いなど手縫いで靴底を付ける作業をします。

その後、ヒール(かかと)をつけますが、こちらも革を一枚づつ重ねてウッドピン(木の釘)で止めます。

​最後に本底を付けます。


​仕上げ

本底に色を塗り込み、靴用のロウを専用のコテで仕上げて綺麗にしていきます。

今回はカラス仕上げのため、その名とうりに真っ黒に仕上げました。あとはアッパーに付着したゴミや汚れを落とし、クリームを使用して最終仕上げを行ないラスト(木型)を抜きます。


 

完成

最後にもう一度靴の中や傷などないか確認し、型崩れしないようにシューツリーを入れて箱詰めし、お客様にお渡しいたします。

​一番緊張しわくわくする瞬間ですね。

〒541-0057

大阪市中央区北久宝寺2丁目5−3

船場ビル302号

Tel:090-3822-9061

Fax :06-7505-9048

Mail:info@tada-shoes.com